販路の広さと人件費と安心感なら大手

大手の店舗と小規模の店舗の異なるポイントは様々ありますが、ひとつは販路の広さです。大手の店舗は、全国に店舗を展開しているほか、幅広い販路を持っていることも多いです。販路が広ければ広いほど、様々な場所で売買することができるということで、高価買取をされることが多くなります。また、大手の店舗は、それだけ人手が充実し、マニュアルも定まっているので、人件費がかからないこともあります。無駄な費用が掛からないため、それだけ買取にお金をかけることができて、買取価格が高くなることも多いです。このほか、大手の店舗では、安心感があります。小規模の店舗は、どのような体制で買取を行っているのかわからないという不安があります。

しかし、大手ならば実績もあり、様々な場所で展開しているので、補償内容もしっかりしており安心して査定に出すことが可能です。

専門性が高いならば小規模店も

小規模の店舗が、必ずしも悪いというわけではありません。小規模の店舗の中でも、専門性の高い店舗ならば、高価買取を期待することができるでしょう。ブランド品というものは、模造品が作られることもあり、専門的な鑑定を行わなければ、正確な価値を図ることができないことも多いです。大手の買取店は、全国展開しており、おおよその場合は幅広い商品の買取りを行っています。総合的な買取を行っており、専門性の高い査定を行うことができるスタッフがそろっていないことも間々あるでしょう。そのような店舗では、正確な価値を判断することが難しいため、高価買取を期待することは難しくなります。 小規模の店舗でも、専門性が高いならば、大手よりも高価買取を提示されるかもしれません。